プロミスの必要書類(本人確認書類)の提出方法とよくある質問まとめ

大手消費者金融会社のひとつであるプロミス。三井住友銀行と業務提携したことで、三井住友銀行グループの一員として存在しています。
テレビコマーシャルや街のポスターなどで、多くの人が一度は耳にしたり目にしたりしたことがあるのではないでしょうか。それほど知名度の高い会社です。
プロミスのメリットは審査が短く、申込から融資までのスピードが早いということ。スピード重視の人が利用する傾向にあるようです。
では、プロミスで融資を申し込む際にはどのような書類を準備する必要があるのでしょうか。
今回は、大手消費者金融会社プロミスで融資を申し込む際の必要書類とそれを準備する際の注意点について解説していきたいと思います。

本人確認書類とは

プロミスで融資を申し込む際、金額などに関わらず必ず必要になるのが本人確認書類です。

では、本人確認書類とはどのようなものなのでしょうか。
本人確認書類とは、氏名、住所、生年月日などが記載されているもので、第三者が本人になりすまして不正な行為をしないよう、銀行などの金融機関や市区町村の窓口でも提出する場面が多く見られます。本人確認書類として効力のあるものはいくつかありますから、ご自身が準備しやすいものを選ぶと良いですね。

本人確認書類の種類

本人確認書類として最もよく利用されているのが運転免許証。
運転免許証は運転免許証番号というもので個人が特定できますし、顔写真付きなので信頼性が高い本人確認書類だと言われています。運転免許証があれば、これだけで本人確認が完結するケースがほとんどです。自動車を普段運転しない人でも、本人確認書類として持ち歩いている人も多いかもしれませんね。運転免許証をお持ちでない方は、同じく顔写真付きのパスポートやマイナンバーカードが同じような効力を持ちます。
これらのうちいずれもお持ちでないという人は、各種健康保険証や住民票、在留カードや特別永住者証明書などでもOKです。

本人確認書類を準備する上で注意しておきたいこと

必要となる本人確認書類の種類や数、提出方法は、どのように契約を申し込むかによって異なります。契約方法に応じてご案内しましょう。

来店して申し込む場合

先ほどご案内した本人確認書類のいずれかを持参しましょう。
運転免許証やパスポート、マイナンバーカードであればいずれか1点で契約できますが、健康保険証などであれば住民票の写しや公共料金の領収書などもう1点書類が必要です。
また、本人確認書類に記載された住所と現在住んでいる住所が異なる場合は、たとえ運転免許証やパスポートを持参していても別途公共料金の領収書や住民票の写しが必要となりますので注意してください。

郵送で申し込む場合

郵送で申し込む場合は来店で申し込む場合に比べて必要書類が多くなります。直接お店へ出向く場合であれば1点で可能なものであっても、それ以外にもう1点必要となるので注意しましょう。
また、郵送の場合は書類のコピーを準備するため、住所変更などで新住所が裏面に記載されている場合は裏面のコピーも忘れずに同封してくださいね。

インターネットで申し込む場合

インターネットで申し込みをする際は、申込完了後に送られてくるメールからログインし、本人確認書類をカメラで撮影すると提出できるという画期的な仕組みとなっています。

収入証明書類とは

希望する融資額が50万円以上の場合、また、プロミス以外の会社や金融機関での融資額合計が100万円以上の場合は本人確認書類に加えて収入証明書類も必要となります。
収入証書類とは、その名の通り本人の収入が1年間でいくらあったかを証明する公的な書類のことです。融資を受ける人の収入に見合った無理のない金額かどうか、申込者の申告金額に偽りがないかなど、プロミス側にとっては重要な判断材料となります。貸す側、借りる側、両方を守るためのものなので、漏れの無いように準備と提出をしてください。ちなみに、法律上の借入れルールとして、年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。逆を言えば、年収の3分の1を超える金額でも貸付を行っている業者は危険です。いわゆる「闇金(ヤミ金)」と言われているもので、借入後に嫌がらせや脅迫などのトラブルに発展する恐れがあります。自分を守るためにも、しっかり覚えておくと良いですね。
収入証明書類には本人確認書類と同様いくつかの種類があります。会社員、公務員、自営業、無職など、職種に応じて取得すべき書類が異なるので注意しましょう。

収入証明書類の種類

プロミスでは、「源泉徴収票(最新のもの)」「確定申告書(細心のもの)」「税額通知書(最新のもの)」「所得証明書(最新のもの)」「給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)」の中からいずれか1点を提出するようにとされています。
では、職種別に準備しやすいものをご紹介しましょう。

給与所得の方

企業に勤める会社員やパート・アルバイトなど給与所得者の人であれば、勤務先から発行される源泉徴収票が準備しやすいでしょう。基本的には毎年12月頃に渡されることが多いですが、再発行を依頼することも可能です。

自営業・自由業の方

自営業や自由業などの人は毎年確定申告をされていると思うので、確定申告書が最も準備しやすいでしょう。収入額と所得額が記載されている最新のものが必要となりますが、提出日が1月1日から3月31日までの場合は前々年度以降のものでも可能とされています。

無職・主婦の方

無職の人や主婦の人は基本的に収入が無いため、課税証明書を交付してもらうと良いでしょう。証明したい年の1月1日時点の住所地の市区町村で請求する必要があります。引っ越しなどで現在のお住まいが異なる場合は郵送にて取り寄せることも可能ですよ。各自治体によって異なりますが、発行には300円程度の手数料がかかりますので注意しましょう。

収入証明書類を準備する上で注意しておきたいこと

収入証明書を準備するにあたり、いくつか注意点があります。それは以下の4点です。
①本人の氏名が記載されていること
②収入額や所得額が記載されていること
③勤務先が記載されていること(市区町村から発行されるものはその発行印があるもの)
④記載内容は塗りつぶすなどの加工をせずそのまま提出すること。ただし、マイナンバーが記載されている箇所は見えないように塗りつぶすなど加工して提出すること。

いずれの種類を提出するにおいても共通の注意点となりますので、押さえておきましょう。

事前準備でスムーズな手続きを!

プロミスで融資を申し込む際に必要な書類は本人確認書類と収入証明書(条件による)であることが分かりました。もっとたくさんの書類を準備しなければいけないと不安に思っていた人も多いのではないでしょうか。意外にも必要書類はシンプルなものです。
しかし、だからと言って油断は禁物。1点でも必要書類が漏れていたり内容に不備があった場合は審査を受けることができず、融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。事前に必要な書類や注意点を確認しておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。特に収入証明書類は準備するのに時間がかかるケースも考えられますので、あらかじめ準備を進めておくと良いでしょう。どうしても不安な点や不明な点がある人は、提出前にプロミスに直接確認しておくと安心ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
▼▼当サイト1番人気はプロミス▼▼
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式サイト
当サイト1番人気はプロミス♪
今すぐお金を借りたい方はこちら▶▶▶
プロミス公式HP